トップ

インプラントとアレルギー

歯の治療時の注意

アレルギー体質とインプラント

インプラント治療では金属を使用することからアレルギー反応を引き起こす恐れがあるのではないかと懸念されている方も多いかと思いますが、顎への埋め込みに使う金属部分には炎症の原因となるイオンが発生しないチタンを使用しており、歯の部分にもセラミック等の金属ではないものを使用しているため、アレルギーを起こす心配はありません。手術を必要とする治療なので、気になる方は歯科医院で本格的なインプラント治療を受ける前に、金属に弱い体質であることを伝えておくといいでしょう。使用する部材の説明も丁寧にしてくれるでしょう。

インプラント,金属

金属アレルギーと歯の治療

インプラント治療の際によく使われているチタンは、空気に触れると酸化チタンの膜が出来ます。原因となる金属イオンを発生させる事はないので、金属アレルギーの方が治療を受けたとしても影響はないのが現状です。全ての金属で反応が起きるわけではありませんので覚えておきたいものですが、それでも気になる場合はパッチテストを実施している医療機関もありますので、医師に相談してみるとわかります。インプラントは特殊な治療なので、「名前は聞いた事があるけど詳しい知識は持っていない」という患者さんが多いです。正しい知識で治療できるように不明な点は医師に問い合わせる事が必要です。

↑PAGE TOP